実務経験を活かせるプラントの仕事を選ぶポイント

条件にこだわってプラントの仕事を選ぼう

プラントの仕事は、工場内の機械類の取り扱いについて専門的な知識が求められますが、業務内容によって高収入を得られることから、理系出身者にとって魅力的な職業として位置づけられています。また、大手企業のプラントでの勤務経験が豊富な人であれば、転職時に好待遇で採用してもらえたり、責任者として重宝されたりすることもあります。そこで、条件にこだわってプラントの仕事を選びたい場合には、実務経験者の人材育成を積極的に行っている企業の取り組みを調べることが大事です。なお、プラントで新人の技術者の指導ができる経験者は、国内外の企業から引く手あまたの状況となっているため、じっくりとスキルを活かせる職場を見極めましょう。

プラントに就職をするために知っておきたいこと

プラントで働くためには、理系の機械や電機などの学部を卒業したり、理系メーカーでの実務経験を積んだりする必要があります。最近では、若手のプラントエンジニアの育成に力を入れている企業が増えており、新卒者であっても研修を受けながら、一流の技術者として成長できるようになっています。また、プラントの仕事の内容は、それぞれの企業の事業内容や、工場内の機械の種類などによって大きな差があるため、就職活動中から興味のある企業の説明会などに参加をしながら、最新の情報を把握しましょう。その他、海外にプラントの生産拠点を置いている企業を就職先に選ぶ場合には、将来的に海外転勤の可能性もあるため、慎重に職場選びをすることが大事です。

プラントとは、製造工場における生産設備一式を指します。プラントの製作や保守、保全を行う職種をプラントエンジニアと呼び、プラントの求人では専門知識や技術を持ったプラントエンジニアが求められています。