コスト節約で賢く暮らす!単身赴任にマンスリーマンションがおすすめな理由

単身赴任は生活費が二重にかかる

仕事の都合で単身赴任をすることになった場合、課題となるのが生活費の増加です。家族と離れて暮らすことになれば、当然ながら住居費は赴任先と元の家の2か所分を負担することになります。家財道具も家にあるものを持ち去ってしまっては家族が困ることになるので、新たに買い揃える必要があります。しかも、赴任期間終了後に再び家族と同居することになれば、せっかく揃えた品々も不要になってしまいます。

ただ、工夫次第ではこうした経済的負担を少なくすることも可能です。その工夫とは、マンスリーマンションを活用することです。

引越しに伴う初期費用を節約

マンスリーマンションとは、その名の通りマンスリーすなわち月単位で入居できるマンションです。2年契約を原則とする通常の賃貸マンションに比べると短期間の生活拠点として使われることを前提にしているため、より手軽に利用できるようなシステムが採用されています。

その1つが、初期費用の安さです。マンスリーマンションは敷金や礼金が原則不要で、多くの物件では仲介手数料も不要となっています。一部では会員制度をとっていて入会金が必要になる場合がありますが、それでも一般の賃貸物件に比べると総じて軽い負担で済みます。

入居してただちに普通の生活が始められる

マンスリーマンションのもう1つの特徴は、日常生活に必要な家具や家電が備え付けになっている物件が多数を占めているということです。ベッドやテーブルはもとより、照明器具・洗濯機・電子レンジといった調度品が、そのまま使える状態で部屋に置かれています。したがって、新品をわざわざ購入しなくても、極端に言えば身一つで越してきてもすぐに新生活が始められるようになっています。

ホテルや旅館などの宿泊施設ではない短期滞在型マンションのことをマンスリーマンションといいます。家具や家電といった日常生活を送る上で必要なものが完備されています。