介護の仕事って?必要な資格や応募の際に気を付けておきたいこと

介護の仕事で大事なことは?

介護の仕事は協調性と思いやりが非常に重要な仕事です。協調性は、介護の現場は一人でできる仕事ではなく、チームプレイだからです。そして、思いやりは利用者様は決して望んで今の身体の状態になったわけではないからです。その思いを汲み取りながら業務に当たらなければなりません。その中で、ご利用者様からの感謝の言葉を頂いた時、それまでの苦労が報われるとてもやりがいのある仕事だとも言えます。

介護を始めるのに必要な資格は?

介護の仕事は場所によっては必要な資格というのはありませが、お給料の面でも介護の資格の第一歩と言われる介護職員初任者研修は受けていた方がいいでしょう。介護職員初任者研修は130時間の講習を受ける必要があり、資格取得講座で取得できますし、都道府県の公式ホームページに取得の案内が掲載されています。

自分に合った仕事の見つけ方は?

介護の仕事は幅広い求人サイトや雑誌、ハローワークで見つけることができます。また、勤務時間にかなりバラつきがあります。早出、日勤、遅出、夜勤をローテーションで回していくスタイルや、日勤のみといったように働く時間は事業所毎に違います。ご自身のライフスタイルに合わせた勤務形態の募集を見つけるといいでしょう。

仕事の始め方や気を付けることは?

仕事の始め方にこれといった決まりはありません。介護の仕事なので、身なりは清潔にしておきましょう。面接時はしっかりと身なりを整え、面接時は明るく振舞うように心がけましょう。接客業の面もある仕事なので、コミュニケーション能力はとても重視されます。

気軽に応募してみよう!

基本的に資格がなくても十分にできるお仕事です。資格などは仕事を始めてからでも十分に取ることができるので、臆さずにどんどん応募してみましょう!

介護の仕事は職種により、無資格や未経験者でも採用されやすくなっています。そのため、未経験でも働ける介護の求人を東京で探せます。