責任者に退職の意思を伝える

人事担当者の手の空いている時を見計らい、退職の意思を伝えます。冷静で丁寧な言葉を選び、無用な風は立てないよう、納得できる理由を告げます。大学医局側から内々の打診があった場合は、自らも人事責任者に伝えます。その後、正式に決まったら、同僚や他のスタッフにも伝えます。

退職日の選定について

医者が病院を辞める時は自分の都合だけでは決められないため、前もって話し合いを行います。早ければ1年前、遅くとも3ヶ月前が理想です。円滑に引き継ぎができるよう、余裕を持って退職日を決めましょう。

退職届の提出について

退職届の有無は勤務先によって異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。自己都合で退職する場合は、退職届の提出を求められることが多いです。中には退職届を出さない病院もあるため、事務の指示に従って行動します。

引き継ぎ作業について

医者は毎日引き継ぎの作業がありますが、病院を辞める際は受け持っている患者全てに目を通す必要があります。長期療養の患者や気になる症状を抱えている患者など、後任の医者に伝えておきたいことがある場合は引継書を書いておくと安心です。

退職時の挨拶について

職場を去る場合は丁寧な挨拶を行いましょう。交代制で動くため前日に会えないことも考慮し、可能な限り早い時期から挨拶をしておくと良いでしょう。患者への挨拶は置かれている状況によって異なります。挨拶を済ませておいた方が良い場合もあれば、そうではない場合もあるため、ケースバイケースです。また退職時に返却する物と、受け取る物があるため、事前にリストアップしておくとスムーズに進みます。

医師のバイトは、全国の幅広いエリアにおいて多数の求人が存在し、遠方の勤務地でも交通費が全額支給される場合が多いという魅力もあります。