ブラック企業は絶対にイヤ!失敗しない仕事探し

仕事探しはどのタイミングで始める?

現職に不満を持ち転職を考えている人はたくさんいるのではないでしょうか。労働環境のよい企業に転職できれば、毎日の生活が健康的で豊かになる確率は高くなります。それでは現職に在職中と退職後では、どのタイミングで転職活動を行えば良いのでしょうか。それぞれにメリットとデメリットがあり、状況に合わせて選択すると良いでしょう。在職中の転職活動は収入面でのリスクの心配がありませんが、企業への面接など転職活動に割く時間の捻出が課題になります。退職後の転職活動はいつからでも働き始めることができるというメリットがありますが、収入がストップしてしまうということは大きなリスクになります。どちらのタイミングで転職活動を始めてもリスクをクリアできるのであれば問題ありませんが、一般的には収入のストップのリスクは大きいと考えられるので、在職中の転職活動を選択する人が多いようです。

求人票を見極めよう!

仕事探しをする際、どうしても避けたいのがブラック企業の存在です。しかしどうすればブラック企業かどうか判断できるのでしょうか。実際に働き始めるまではブラック企業かどうか分からない部分もありますが、求人票をしっかりチェックすることである程度見極めることも可能です。まず、同じ業界にも関わらず、他社に比べて不自然に条件が良いものは避けるようにしましょう。さらに、求人情報の掲載期間が異常に長いものも、離職率が高いか何らかの理由で就職・転職希望者が少ない可能性が高いので避けるほうが良いでしょう。

職種を絞っていたり、SNSを活用していたりと、様々な特徴を持った求人サイトがあります。自分に合った求人サイトを利用することで、効率的な仕事探しが可能になります。