就職できるかどうかは面接に掛かっている?おさえておきたいポイントとコツ

まずは第一印象が大切!

面接を受ける時、まず重要になるのが第一印象ですね。面接する際に、服装や髪型などの身だしなみが整っていなくて、印象を悪くしてしまうのは問題外です。面接官は、部屋にあなたが部屋に入ってきた時、無意識にでも見た目でどういった人間なのかを判断してしまいます。もし、この時点で良い印象がなければ、面接するのは無駄だなと思わせてしまう場合も。
身だしなみで大切なのは、受験する企業のカラーや社風と、自分の服装やキャラクターを一致させておく事です。受ける企業が老舗の銀行なのか、それともIT系なのかでも、ふさわしい格好が変わってきます。一方では良い印象を与える服装でも、もう一方では悪い印象を与えてしまう場合もあるので注意してくださいね。

面接官からの質問に上手に答えるには?

面接の時にどんな質問がされるのか不安で、緊張してしまうという方もいますよね。
一般的には、初めの方に質問される物は、意外とどうでも良い事も多いです。面接官にすると、最初に形式的に聞いておかなければならない事がいくつかあります。志望動機や学生時代の経験などがそうですね。こういった質問は、たいていエントリーシートなどでも答えているでしょう。そのため、面接官もここでの答えというのは、それほど重要視しない事が多いですね。大切なのは、後半に質問される部分です。その企業にあなたが入る事によるメリットは何かや、その業界の将来はどうなるかなどの質問が良くあります。こういった質問は、面接官が本当に聞きたい部分なので、しっかり答えられると印象も良くなります。答える時は、要点を端的に話す事や、あまり傲慢すぎる答えにしない事が大切です。

就活の面接で面接官が見るポイントがあります。それは、靴です。面接当日は、靴を磨くことが重要です。そして、かかとがすり減っているのも印象が悪いため、事前にに修理しておく必要があります。