臨床現場だけではない!医師の求人の特徴とは?

医師の求人の大半は医療施設から

医師が転職をしようと求人探しをすると、求人の大半が医療施設からの臨床医の募集であるとわかります。医師免許を持っていることにより医療行為を行える人材として働けるようになるため、その職能を生かした仕事という意味では当然でしょう。結果的に病院やクリニックに転職する医師がほとんどであり、臨床医を続けることになるのが一般的です。しかし、中には医療機関以外からも臨床医として働いて欲しいという求人が出されていることがあります。介護施設でも高齢者医療が必要とされていて、常駐の医師を求めていることが増えてきているからです。介護施設や福祉施設のような転職先も臨床医としては候補に挙げることができます。

臨床現場以外からも求人がある

臨床医の求人が大半を占めているのは確かですが、実際には臨床現場以外からも医師の求人があります。産業医はその中でも医師でなければできない仕事としてしばしば注目されているものです。企業で従業員の健康管理を行うのが仕事になります。類似しているものとして健康相談員などの募集も企業からあり、企業への転職を考える上では重要な候補です。また、製薬メーカーや医療機器メーカー、化粧品メーカーなどを代表として開発に携わる研究者としての需要もあります。臨床開発に力を入れている企業では医師などの医療資格を持っている人を集めていることが多く、開発の最前線で活躍することも可能です。この他にも医療知識を生かして転職できる先は多数あるので興味に応じて探してみましょう。

医師の募集は、地域密着型で運営しているクリニックや、豊富な診療科を持つ総合病院など、多数の医療施設において積極的に行われています。そのため、自分の求めている環境に合わせて選べる点が魅力です。